So-net無料ブログ作成

【腐向け?】あいうえお作文など [小話]

あなたに出会って初めてぼくは
息をすることを憶えたのだった
有無も言わさず悪夢から引き上げられ
えらぶ時間すら与えられずに目を泳がせれば。
俺のところへ落ちて来いと、彼は言うのだ。


空っぽの瞳を海へ投げかけた
きつく握り締めたのは他でもない、心だ。
狂ってしまえばいいと透明な魚が笑う
けれど、けれど、ぼくらはまどう。
声なき声をただ、無闇に口移す


冷めたコーヒーを抱えてひとりすわる
しんしん雪降る冬の日に
すべては静かに埋もれていってしまった
セックスだなんて、大したもんじゃない
そう 埋もれていってしまっただけなのだ


助けて、と言ってはいけない
血が涙の痕を隠そうと必死にその頬を流れ
つたってもつたってもつたっても
手に持った死を愛おしく抱けぬのならば
とうとう、糸は切れてお前の幕が降りる


なにもない なにもない
荷馬車に揺られて ぼくらはゆく
濡れた身体もそのままに
ねぇ、と時には重なりあって
ノイズの中を 溺れゆく




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0