So-net無料ブログ作成

あいうえお作文続き [小話]

始めて会った日のことを、憶えていますか。
一人佇んでいた私にあなたは これからは
「二人っきりだな」と苦笑した。
変な人だ、と思った。
本当に、変な人だと———私もまた、どうしようもなく苦笑した日のことを。


魔が差した、と君は言うかもしれない。
見たまえよ、このあられもない欲の情を。
夢魔に犯されたなどという言い訳は通用しない。
目と目を合わせて呟けば、
もうそこでは視線はおろか、唇までもが重なっていく。


やめてくれと叫ぶのも、
許してくれと泣くのも、
よがっているようにしか、もう見えないのだ。


爛々と輝く瞳は化学物質の白をくわえて
立体感を失った感情をただひたすら
涙液に代えて垂れ流す。
レントゲンですら見えないものを
肋骨の中心に見出そうということ自体が、愚かしい。


渡し賃は命半分でよろしいか
「をかしな客だ」と船頭が嗤う瞬間。
ん、と口を塞がれて———息を手渡し僕は死ぬ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0