So-net無料ブログ作成

さよなら、シュミット [小話]

「内臓がふわっと浮いて、心が後ろに吹き飛ばされるんだ」

彼はそれを見たのだと言う。
振り向けばそれは真正面に立っていて、それの真正面に彼は立っていた。
脚が痺れるようだと感じ、同時に両腕が翼と化した錯覚まで覚える、と。
万能感というやつだ。主に、根拠の無い。

「俺は思わず叫んだね、この、クソ野郎! って」

その日から、彼はそれを「クソ野郎」と呼ぶ事にしたらしい。
どうしてそんな事を叫んでしまったのだ、と聞けば

「それしか思い付かなかったからだよ」

と、さも当たり前のような顔をして答えた。
ともすれば言葉にすらならなかったかもしれない叫びが、そのままそれを定義づける名前となったのだ。

「あんたもたまげるぜ、そんできっと、笑いたくなるはずだ」

訛りの強い口調で彼が言ったのは、それだけ率直な心情ということだろうか。
そして今、私はその意味をたった0.5秒という時間の中で知りつつある。
時計の針などでは決して刻むことの出来ない、しかし極度に切り取られた瞬間。

「神様に会うっていうのは、そういう時なのかもしれないな」

背後から、叫び声が聞こえる。
遠くから、近くから、意識の外で、耳のすぐそばで。
腐った生焼けのステーキをよりひどくしたような、くすんだ色のにおいが漂ってくる。

「お前も、じきに会えると思うぜ」

彼が言った通りだ。
痺れる脚も、羽根が生えたようだと感じた腕も、既にこの世の法則の外側へ行ってしまった。

「お前なら、それを何と名付ける?」

それは、私の目の前にあった。
私は、それの真正面へ足を踏み入れてしまった。
光と、風と、熱を帯びた……あれはなんだ? 今更のように問い掛ける。

「俺の時みたいに、クソ野郎じゃないといいな」

そして私もまた、叫ぶのだ。彼のように。
笑いながら、これ以上ない程にありきたりな罵りを添えた声で。

「さよなら、シュミット」

感情の破片が風に散り行く。
砂漠の上で、それがひとつになる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0