So-net無料ブログ作成
雑記・メモ ブログトップ
前の10件 | -

Pagesで小説同人誌を作る [雑記・メモ]

Mac OS標準搭載の文書作成ソフト「Pages」で縦書きができるようになったぞー!! ということで、小説同人誌を作るテストをしましたのでご報告。
結論としては、「意外と作れるぞこれ便利じゃん」です。

スクリーンショット 2019-04-18 10.42.42.png

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

フォールアウトなデザインに使えそうなフォント [雑記・メモ]

日頃からフォントサイトをだらーっと眺めたり、ゲームなんかに使われているフォントを特定したりするのが趣味なのですが、今回はフォールアウトな世界観に使えそうなフォントを「1001fonts.com」で適当にお気に入りに入れているモノから適当に選出してみました。
小説のタイトルや同人誌の表紙なんかにいかがでしょ?

※記事執筆時点で「1001fonts.com」にて「Free Commercial Use Fonts」タグが設定されているフォントを中心にご紹介しますが、フォント使用における利用規約については直接フォントのダウンロードページにてご確認ください。たまに権利関係が変更されていたりもするので。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

「モハビ新聞」を作りました [雑記・メモ]

モハビ新聞ブログ用.jpg

表題の通りです。
Illustratorの勉強と称して、空き時間でごにょごにょっと作りました。
じっくり読みたい方向けに、印刷可能なPDFファイル(紙テクスチャ有り/無しの二種類)も公開しています。
下記URLよりboxの共有フォルダへアクセス、ダウンロードしてお使いください。

「モハビ新聞」
https://app.box.com/s/inhgonpi8btkkz7hp0qrh69gdjcuw0dh


ちなみに現在は、こんなもの(↓)を引き続き作っていたりする。
無題.png
新聞を作るのって大変だなぁ! と今回それっぽいものを作ってみて実感しております。



nice!(1)  コメント(0) 

年末年始のアレコレ [雑記・メモ]

DSYEZzoU8AA32yJ.jpg

なんだかんだで適当に過ごして居たら年が明けていました。
2018年ものんべんだらりとやって行こうと思います。よろしくお願いいたします。

以下、写真とらくがきで年末年始やったことのご報告など。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小説執筆環境を整える [雑記・メモ]

ブログ3.png

フォールアウトシリーズの二次小説を書き始めてから、今までと違って何かと長文(当社比)を書くことが増えたので作業効率を良くするために小説の執筆環境を改めて整えてみました。


結論から言うと、

 これまで→Evernote(執筆、資料閲覧)+各種ツール
 これから→OlivineEditor(Dropbox同期で執筆)+Evernote(資料閲覧)

になりました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

トラベラーズノートを購入しました [雑記・メモ]

常に持ち歩いたり書いたりする手帳を数年前から持っている私ですが、
今回はどうしてもどうしても物欲に勝てなくて、色々と「買うべき理由」を付けた上で遂に「トラベラーズノート」を購入しました。
ちなみにレギュラーサイズ。

Cpt9U6sUMAAlwhn.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の更新 [雑記・メモ]

無題.png

一次創作の小説をぽこぽこアップしたり、ピクシブにMWやWarframeの小説をアップしたりしました。

【一次創作】
・小説「黒の刻」……ヘルハイム共和国編。ぽりさん、監修ありがとうございます。
・小説「輝香の道」……完結しました。

一次創作wiki→https://sites.google.com/site/organxfish/


【二次創作】
・MW2ソプロ「無告の民」(上中下)……http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7003872
・Warframe「流線形の意思」(上中)……http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7013936

どうぞよろしくお願い致します。


Warframe小説と言えば、夏コミ用合同本が先日入稿となりまして主催者様には本当にお疲れ様でしたとお伝えしたいところです。
organxfishはこちらの合同本に書き下ろしの小説を寄稿しています。

Warframeの二次創作はまだまだ少数だなぁと思っているので、これを機に読んでくれる人や作ってくれる人が増えたら嬉しいですね。
合同本の告知サイト(http://monostation.x.fc2.com/wf/index.html)がこれまた素晴らしい!! ので、是非ご覧になってみてくださいね。
色んな視点からのストーリーが満載(200P弱)で、読み応えありますよ~(宣伝)。


The Water is Wideについての妄想考察(CoD:MW風味) [雑記・メモ]

ツイッター上で悶々と考えながら妄想したもののログ。


「この海は広すぎて 私には渡れない 大空を舞う 翼も無い どうか 二人が乗れる 小舟をください 私は行きます 愛とともに」 ソープのイメージが海である私にはすごく共感出来る歌詞なんだよなあ。

個人的に妄想解釈すると、「海が広すぎて渡れ無い」のに、最終的には「小舟を手に入れ」二人で漕いで行くというストーリーである。つまり、「海が渡れない」とは入水、「空を舞うための羽もない」とは昇天を指しているのではないだろうか。そしてその先にあるのは、死別した人たち、過去の愛との邂逅。

つまり、この歌の主人公は死ぬに死ねない、自分の大切な人たちに、いっそ死んで会いに行くことも出来ない、だから「二人で」漕いでいける小舟を必要としているのだ。普通に歌詞を見ると「ああカップルの悲恋の果ての駆け落ちか」とも思えるが、「my love and I」の部分で少し考える。

マイラブのところをあえて恋人と訳さないで解釈していくと、先述のストーリーから、それは死と死者への愛である。そしてそれを伴って舟を漕いで行く「私」=生。主人公は、生きて行く(海を舟で渡る)ことを最終的に決意している。

しかし歌の「私」は二連目で愛の儚さを語り、三連目で漕いで行く小舟が海に沈んでしまうかもしれないと危惧している。それは小舟に積んだと見える「荷物(後悔?罪悪感?)」のせいなのか、それとも海の深さにも劣らないという「私の愛」の重みなのか。

そんな「海」を渡り切れるか、(舟が沈んだとして)泳いでいけるのか、「私にはわからない」と語る。そして歌は最初の場面にループする。まあ、これは音楽的な終止形もあるから主題Aに戻って来たんだろうけど。

結局、「私」がどうしたのか、どうなったのかは分からない。「私」はただただ、生と死の狭間でこうして歌の内容のとおり悩み、そして望んでいるのだろうなと思う。以上略式ですがThe Water is Wideのソープ的解釈でした。ちゃんちゃん。昔のラブソングって甘味料に死を使う傾向が高い

夕方の浜辺でそっと呟くように「悲しみの水辺」をアカペラで歌うソープさんの背中を遠くから見つめながら「おい泣くなバカ、バレんだろ!!!!(小声)」「だ、だってぇ、先輩ぃぃ……(鼻声)」などと盗み見している副官と新人の姿が眼に浮かぶ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

OBAN 14年がやってきた [雑記・メモ]

BhYFioqCAAAN2yf.jpg
先日我が家に一本のウィスキーが届きました。オーバン14年。
ハイランド、シングルモルト。樽はオーク。オーバン醸造所はスコットランドのダンディーのちょうど正反対の位置にあります。

スクリーンショット 2014-03-08 16.28.08.png

obanとはゲール語で「小さな港」を意味するそうです。その名の通り、港にあるんですね。
アルコール度数は43度。だいぶ高めです。

続きを読む


モンスターエナジー×CoD:Ghosts ステッカーが当たりました [雑記・メモ]

BfscpyZCYAEgR-j.jpg

モンエナ青ことアブソリュートリーゼロは日常的に飲んでいるエナジードリンクだったので、
コラボキャンペーンが始まった時は「やったぜ」と思いましたね。モンエナ美味しいごくごく。
で、大人気なくもアホなほど応募コード集めて何度か応募してみた結果、
見事ステッカーが当たりました~地味にというか普通に嬉しいです。

ゲットしたステッカーは、モンエナのロゴとゴースツのロゴのやつをそれぞれ一枚ずつ、
愛機であるMac Book Proの蓋に貼っておきました。(MBPにステッカー貼るのが趣味でして)
またひとつ、賑やかなノートパソコンになりましたとさ。

一応ヘッドセットにも応募はしたんだけど、さすがにそっちは当たらなかったなあ~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 雑記・メモ ブログトップ